赤ちゃんのお水はいつから?ミルクに使うお水はどんなお水がいいの?

ミルクを飲む赤ちゃん

生まれて間もない赤ちゃんは母乳やミルクだけで栄養を摂取しますが、赤ちゃんはたくさん汗をかきますし、水分が足りているのか心配になってしまうママも多いと思います。
昔は「お風呂上がりの赤ちゃんには白湯を飲ませる」ことが常識とされていましたが、現在多くの産院ではそのような指導はしていないようです。

ですが、決して白湯をあげてはいけないということではありません。それに、ミルクを作る時もお水を使いますよね。
飲ませていいお水、ミルクに使えるお水、いつから、どのくらいの量…赤ちゃんのお水に関する疑問について、まとめてご紹介いたします。

赤ちゃんにお水は必要?

「離乳食を始めるまで、本当に母乳とミルクだけでいいのかな…?」「お水を飲んでいる子もいるみたいだけど、うちも飲ませたほうがいいの?」
こんなふうに思ったことはありませんか?

離乳食を始めるまでの赤ちゃんに、お水は絶対に必要というわけではありません。
母乳やミルクには赤ちゃんが必要とする栄養が詰まっていますし、水分も母乳とミルクを十分にあげていれば不足することはありません。ですから、基本的にはお水をあげなくても大丈夫です。

しかし、外出時に授乳室が近場になかったり、持ってきたミルクがなくなってしまったりなどすぐに母乳やミルクをあげられないという緊急事態があるかもしれません。
そんな時におなかがすいたと泣いてどうしようもない場合には、お水を飲ませてあげましょう。冷たい水ではなく、人肌程度の温度のお水をあげてくださいね。冷たい水は赤ちゃんのデリケートな胃腸に負担をかけてしまいます。

完全母乳の方で哺乳瓶をもっていない時などは、常温のお水をスプーン等で与えましょう。
外出時には授乳室があるか必ず事前に確認しておくと安心です。車で外出ができれば、いざという時車内で授乳ができるのでおすすめですよ。
授乳室も近くになく、車の移動でもない時は授乳ケープがあれば授乳させることが可能です。外で授乳させることに抵抗がある方もいるかもしれませんが、万が一と思って用意しておくことをおすすめします。

お水はメインであげるのではなく、母乳がうまく出ない時やミルクを作れない時などの補助としてあげるのが良いでしょう。

赤ちゃんがお水を飲めるのはいつから?

では、お水を飲ませていいのはいつ頃からなのでしょうか?
生後間もない赤ちゃんは、まだ胃腸が発達しきっていないためお水を与えるとおなかを壊してしまう可能性があります。

時期が明確に決まっているわけではありませんが、お水を飲ませるのは生後2~3カ月以降にしましょう。生まれてからの2カ月間は母乳やミルクを飲みたがる分だけあげてください。おなかがいっぱいになれば、赤ちゃんは自然と口を離します。
お水をあげる場合は、2~3カ月を過ぎてから赤ちゃんの様子を見ながらあげてください。特に夏場の暑い時期の外出など、お水を持っておくと安心です。

赤ちゃんに飲ませるお水は水道水?ミネラルウォーター?

水を飲む赤ちゃん
気になるのはここ。お水を飲ませていいのは知っているけど、どのお水を、どんなふうにあげていいのかわからない…という方もいるんじゃないでしょうか。
安全なお水を飲ませてあげるには、お水に関する正しい知識が必要です。

水道水は飲ませて大丈夫?飲ませる前にすることは?

現代では、蛇口から出た水道水をそのまま飲んでいるという方は少ないかもしれません。浄水器をつけたりしているご家庭も多いと思います。大人でも直接飲むのを避ける水道水ですが、赤ちゃんに飲ませてもいいのでしょうか?

答えは、「適切な処理をした水道水に限りOK」です。

日本の水道水は、厚生労働省によって定められた水質基準をクリアしたお水です。この水質基準は、「生涯にわたり連続して摂取しても健康に影響が生じない」という基準をもって設定されていますので、実をいうと水道水はとっても安全なお水なのです。
残留塩素に不安を抱く方も多いですが、塩素による殺菌がなければもっと危険な細菌が繁殖してしまい、飲めるものではなくなってしまいます。

しかし、何度も書いている通り赤ちゃんの胃腸はデリケートなもの。残留塩素が赤ちゃんの身体に刺激を与えてしまう可能性も全くないとは言い切れません。また、お水自体がきれいでも水道管が汚れている可能性もあります。

水道水を飲ませる場合は、ふたをせずに5~10分ほど沸騰させて塩素を抜き、人肌程度の温度にしてから与えましょう。沸騰には、加熱殺菌の意味もあります。
この処理を行うことで、水道水を飲ませてもOKとなります。

市販のミネラルウォーターは飲ませていいの?

市販のミネラルウォーターはきれいなお水だし、塩素もはいっていないから飲ませても大丈夫!そう思っていませんか?
実はミネラルウォーターにもたくさんの種類があって、赤ちゃんに飲ませていいミネラルウォーターと飲ませてはいけないミネラルウォーターがあるのです。

赤ちゃんに飲ませてはいけないミネラルウォーターとは、硬度の高いミネラルウォーターです。
硬度とは、お水に含まれているカルシウムとマグネシウムの量をわかりやすく数値化したもの。硬度が高ければ「硬水」、低ければ「軟水」と表記されます。
基準は国によって異なりますが、世界保健機関(WHO)では、硬度が60未満であれば軟水、60以上は中軟水、中硬水、硬水と定められています。
軟水と硬水に関してはこちらで詳しく解説しておりますので、気になる方はぜひご覧ください。→軟水と硬水ではこんなに違う!それぞれのメリットとデメリット
ちなみに日本の水道水は、沖縄とごく一部の地域を除いて軟水~中軟水です。

赤ちゃんに飲ませていいミネラルウォーターは、軟水や中程度の軟水です。
硬水に含まれるカルシウムやマグネシウムは、赤ちゃんの未発達な胃腸では処理できず、おなかを壊してしまいます。人によっては大人でも硬水が飲めない方がいるほどです。

赤ちゃんにミネラルウォーターを飲ませる場合は、硬度の低い軟水のミネラルウォーターを選んでください。また、殺菌方法が加熱殺菌のものを選ぶとなお安心です。
スーパーで買える市販のミネラルウォーターだと、「いろはす」や「サントリー南アルプスの天然水」が軟水(硬度30mg程度)にあたります。また、「クリスタルガイザー」も硬度が38mgと、海外産ではめずらしく軟水です。(クリスタルガイザーは加熱殺菌ではなくオゾン殺菌されたお水になりますので、不安な方は沸騰させてから使用してください。)

※注意※
ミネラルウォーターには殺菌効果のある塩素は含まれていないので、長期保存はできません!
封を切ったら、必ず冷蔵保存をして早めに使い切ってください。お水は空気に触れると酸化し雑菌が繁殖します。開封後はなるべく1~2日、最悪3日で飲みきりましょう。

純水、ピュアウォーターとミネラルウォーターはちがう?

よく赤ちゃん用のお水として売られているものに、「純水」や「ピュアウォーター」などと書かれたものを見たことがあると思います。
純水とピュアウォーター、この二つは同じものです。

名前の通り、不純物を一切含まないお水のことで、この不純物にはミネラルも含まれています。ミネラル、塩素、その他不純物を全て取り除いたお水ですね。
よって、純水・ピュアウォーターはミネラルウォーターではありません!

赤ちゃんの負担となるミネラルが含まれていないので、「赤ちゃん用・調乳用」として売られていることが多いのです。
ミネラルを含む不純物を取り除くために、RO膜と呼ばれる特殊なろ過装置を使って処理されています。RO膜によるろ過システムはアメリカ航空宇宙局(NASA)でも採用されていますし、世界的に安全が認められています。

スーパーなどではなかなか売られておらず、ドラッグストアで購入したり通販で購入したりする方が多いようです。
手に入れにくいと思う方もいると思いますが、実はウォーターサーバーでRO水を扱っているメーカーはたくさんあるんです。
ページの下部でも紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

赤ちゃんのミルクにはどのお水を使えばいいの?

粉ミルクと哺乳瓶
上記で赤ちゃんに飲ませてもいいお水について記述いたしました。
調乳の時に使うお水についても、

  • ミネラルの含有量が少ない「軟水」を使用する(水道水は軟水)
  • 水道水を使う場合は5~10分沸騰させる
  • ミネラルウォーターは加熱殺菌処理がされているものを選ぶ

こちらの3点を確認しましょう。上記を満たしていれば、どのお水を使用しても大丈夫です。

調乳時には湯冷まし用のお水もあると便利ですよ。その際も上記の3点が満たされているお水を使用してくださいね。
不安な方は小児科等で相談してみるのもいいかもしれません。

赤ちゃんに飲ませるお水の量はどのくらい?どうやって飲ませたらいいの?

赤ちゃんにお水を飲ませるタイミング、どのお水を飲ませてもいいかはわかりました。
では、1回にどのくらいの量を飲ませればいいのでしょうか?

ご説明した通り、お水はメインではなく補助的なものです。
あまりたくさん飲ませるとおなかがいっぱいになってしまい、母乳やミルクを飲まなくなってしまいます。
特に離乳食を始める前の赤ちゃんは、母乳とミルクのみで栄養をとっていますので、与える量が減ってしまうと栄養が不足することに。

赤ちゃんに必要な水分量は、体重1kgあたり1日100mlと言われており、これは母乳やミルクも合わせた量です。
お水を与える場合は飲んだ母乳とミルクの量をみながら、調整しましょう。初めはスプーン1杯からで、徐々に20ml、30mlと増やしてみてください。使う容器は哺乳瓶やスパウト付きマグなどで大丈夫です。与えすぎには注意してくださいね。
たくさん欲しがるな、と思った場合は母乳やミルクに切り替えましょう。

赤ちゃんの離乳食を作る時に使うお水は?

その子によって差はありますが、生後5、6カ月から離乳食を始める方が多いと思います。
離乳食を開始した直後は、すりつぶしたおかゆ(10倍がゆ)など水分がたくさん入ったものを食べさせますよね。
この時、使うお水はどんなお水がいいのでしょうか?

基本的には赤ちゃんに飲ませるお水やミルクを作る時と変わりません。
水道水を使用する場合は、十分に沸騰させてからおかゆや野菜をゆでましょう。この時、塩素を抜くためにふたは閉めないでくださいね。
ミネラルウォーターを使用する時も、お水の硬度に気をつけ、気になる方は十分に沸騰させてから使用してください。

母乳やミルク、お水以外の飲み物はいつから飲ませていいの?

コップから飲む赤ちゃん
母乳やミルク、お水以外の飲み物を飲ませていいのは、だいたい離乳食を初めた頃からと言われています。

一つだけ例外なのは、麦茶です。麦茶は離乳食を始める前から与えても大丈夫です。
緑茶やほうじ茶にはカフェインが含まれていますが、麦茶にはカフェインは含まれていません。
赤ちゃんは大人と違って、カフェインを十分に分解することができないので少しの量でも過敏に反応してしまいます。赤ちゃんにカフェインを与えてしまうと、興奮状態となり機嫌が悪くなってしまうことも。カフェインがはいっている飲み物は最低でも2歳ごろまでは飲ませないようにしましょう。

ベビー用の麦茶も販売されていますし、自分で作る場合は麦茶のパックを煮出し、白湯でうすめてから飲ませましょう。そのままでは赤ちゃんにとって濃すぎるので、必ず薄めてくださいね。

また、麦茶を離乳食が始まる前から与えることで、離乳食をスムーズに始めることができると言われています。離乳食から、赤ちゃんはお米や野菜などいろんな味を覚えていきます。その子によっては、母乳やミルク以外の味を受け付けず、なかなか食べてくれないことも…。お水や麦茶でミルク以外の味になれさせておくと、離乳食への抵抗も少ないようです。
ただ、嫌がる時には無理に飲ませないようにしてくださいね。

飲ませ方は、お水と同じくスプーンなどから初め、徐々に量を増やしてみてください。赤ちゃんがストロー付きのマグやスパウト付きのマグに慣れてきたら、こちらも利用してみましょう。ただ、麦茶もお水と同様に与えすぎに注意してください。

まとめ

赤ちゃんのお水に関する疑問と答えをご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?
一度ざっくりとまとめてみましょう。

  • 赤ちゃんにお水は絶対必要というわけではない
  • 赤ちゃんがお水を飲めるのは生後約3カ月後
  • 水道水は5~10分沸騰させ、冷ましたものを与える
  • ミネラルウォーターは硬水を避け、加熱殺菌処理されているものを選ぶ。一度あけたら長期保存はしないこと
  • お水の量は10~20mlからはじめ、スプーンを使って飲ませる。慣れてきてから量を増やすこと
  • お水と麦茶は離乳食前から飲ませてもOK(麦茶は生後4カ月ごろから)
  • 嫌がる場合は無理に飲ませないこと
  • 水や麦茶は飲ませすぎないこと(栄養失調の原因となります)

赤ちゃんは、その子によって成長する速さも異なります。こちらの記事で書いていることは一般的なものであり、全ての赤ちゃんに共通するわけではありませんので参考程度にとどめてください。
お水を飲ませてみようかな、と思った時は赤ちゃんの様子と成長をみながら試してみてくださいね。もし不安なことがあれば、かかりつけの小児科で相談しましょう。

赤ちゃんにお水を飲ませる時、ミルクを作る時にあると便利なもの

最後に、お母さんの味方となるお水に関する便利道具をご紹介いたします!

時短で簡単!電子レンジ用 哺乳瓶消毒容器

現役ママから教えていただいたこの商品。
毎回お湯を沸かして消毒するのは面倒くさいですし、時間もかかりますよね。火を使っている以上キッチンから離れるのも心配です。
そんな方におすすめなのが、電子レンジで哺乳瓶消毒ができるセットです!

消毒方法はとっても簡単。ケースに哺乳瓶とお水(約50ml)を入れて電子レンジで5分ほどチンするだけ。
ケースはタッパーなどでも代用できるようですが、専用のもののほうが蒸気が回りやすいので、市販のセットを使用することをおすすめします。
消毒後はそのまま哺乳瓶をしまっておくケースにもなるので、とっても便利ですよ!

外出時におすすめ!スティックタイプ・キューブタイプのミルク

外出時に重宝するのがこちら。長時間の外出では、家からミルクを作っていくのは衛生上危険です。
かと言って、大きなミルク缶を持っていくのも大変ですよね。そんな時はスティックタイプのミルク粉末や、キューブタイプの固形ミルクを持っておくと簡単にミルクを作ることができます。
これらのタイプのミルクはドラッグストアでも買えますよ。缶タイプとちがって個包装されているので、期限も気にせず使用することができます。
完全母乳の方も、万が一のことを考えて一つ二つ常備しておくと安心かもしれません。

しっかり洗浄!哺乳瓶用柄つきスポンジ・乳首専用スポンジ

小さな哺乳瓶は通常のスポンジでも洗うことが可能ですが、容量が大きくなるにつれて底までは洗えなくなってしまいます。また、乳首の部分はミルクの残りかすがたまりやすいので注意して洗わなければいけません。
母乳やミルクは栄養がたっぷり含まれていますので、雑菌が繁殖しやすくなっています。

消毒を行っていても、その前の洗浄がしっかりできていなければ除菌の意味がありません!
洗いにくいと思ったら、柄つきのスポンジや乳首専用のスポンジを使用して洗浄することをおすすめします。

ママに絶対おすすめのアイテムは、ウォーターサーバー!

ここまで赤ちゃんに飲ませるお水、調乳や離乳食に使用するお水についてお伝えしました。
最後にとっておきのアイテム、ウォーターサーバーをご紹介します!

ウォーターサーバーについて、どのようなイメージをお持ちでしょうか?メリット・デメリットは知っていますか?
ウォーターサーバーとは、熱いお湯と冷たい水をすぐに出すことができる機械のことです。白湯を飲ませたい時や調乳の際はとっても便利ですし、チャイルドロックもついているのでお子さまがけがをしてしまう心配もありません。

しかし、「ウォーターサーバーって他には何ができるの?」「高そうだけど、どのくらい料金がかかるの?」「どこのメーカーを選べばいいの?」など、さまざまな疑問が出てくると思います。
それぞれの疑問に対しては以下のページをご覧ください!

下記では赤ちゃんがいるご家庭におすすめのウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

ママにおすすめのウォーターサーバーランキング

1

プレミアムウォーター

プレミアムウォーターの特徴

プレミアムウォーターでは、妊婦の方または5歳以下のお子さまがいるご家庭限定で、PREMIUM Baby Clubというサービスを提供しています。
通常契約すると一本1960円のお水が、PREMIUM Baby Clubの方は1520円と、440円お得に購入することができます!さらにひと月で2セット(48L)注文すればサーバーレンタル料が864円→540円に。
サーバーはcado×PREMIUM WATERウォーターサーバーで、3年契約となります。こちらのサーバーはお水のボトルが下部にあるので、身体が重い妊婦さんでも楽にセットすることができます。
お水は天然水ですが、赤ちゃんも飲むことのできる軟水なので安心して飲ませることが出来ます。

2

クリクラ

クリクラの特徴

クリクラは、全国602の産院(2017年4月現在)にお水を無料提供しています。クリクラが置いてある産院は、公式サイトの「クリクラママ」ページからチェックすることができます。産院の先生にも認められているお水だから、安心して白湯や調乳にも使用することができますよ。
また、妊産婦~1歳未満のお子さまを持つご家庭限定でサーバーと3本のお水(36L)をお試しすることができます。もちろん費用は一切かかりません!
継続する場合はさらにお水6本(72L)分の引き換えチケットをプレゼント。ママにおすすめのプランとなっています。
クリクラのお水はRO水で、全ての不純物を取り除いたあと、人工的にミネラルを添加しています。赤ちゃんにも優しく、また大人にとってもスッキリとした味わいのお水です。

3

アクアクララ

アクアクララの特徴

アクアクララでは、ママと赤ちゃんを応援するためのベビアクアプランをご用意。
対象は妊産婦~3歳未満のお子さまがいるご家庭となっています。設置月は、サポート料金とお水ボトル3本(36L)をあわせて1296円でご利用いただけます。
さらに、毎年5本分のボトル無料チケットをプレゼント。妊娠中からご契約すれば、3歳まで20本分のチケットがもらえますよ。
アクアクララなら里帰り出産にも対応しているので、ご実家でもご自宅でも手数料なしでご利用することができます。
アクアクララのお水はRO水ですが、日本人が一番おいしいと感じるように人工的にミネラルを添加されています。もちろん、赤ちゃんも安心して飲むことのできるお水です。


※いずれのメーカーでも限定プランを利用する場合は、母子手帳のコピーや提示が必要となりますのでご注意ください。

編集部からコメント

今回の記事では、離乳食が始まる前のお水についてご紹介していますが、離乳食前は母乳やミルク以外なにも飲ませないというママもいます。どちらも間違いではありません。

お水や麦茶を飲ませるかどうかは、ご家族で赤ちゃんの様子をみながら決めてみてください。もし飲むのを嫌がった場合は、焦らず無理に飲ませないようにしましょう。離乳食が始まれば、自然と母乳やミルク以外の飲み物も飲むようになります。

この記事が少しでも役に立てれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする