天然水?ミネラルウォーター?水の種類

天然水

天然水?ミネラルウォーター?水の種類

コンビニでもスーパーでも、ペットボトルのお水はたくさんの種類が置いてありますよね。
日本のメーカーのものもあれば海外の輸入品まで様々。

いろんな種類があるけど、そんなに中身が違うものなのでしょうか?
そもそも天然水とかミネラルウォーターとか、水道水となにが違うのでしょう?

今回は水の種類について詳しくご紹介します。

水道水

まずは、私たちの一番身近にある水道水です。

この水道水がなければ私たちは生活できません。そんな水道水ですが、どのようにして家庭の蛇口までやってくるかご存じでしょうか。

水道水の元は川の水です。

ダムや川から水を取り、浄水場できれいに処理したあと家庭につながる給水管へ送られます。水道水はこの過程の中で、塩素による殺菌処理が行われます。

よく問題とされるのがこの塩素です。
塩素で殺菌処理をすることで、水に独特のカルキ臭がついてしまいます。普段水道水を飲まないという方のなかには、このカルキ臭が苦手だからという方も多いと思います。

また、塩素処理をする際にトリハロメタンという化合物が発生します。このトリハロメタンは、なんと発がん性物質なのです。

発がん性物質が水道水に含まれてるなんて大丈夫なの!?と思った方、安心してください。

日本の水道水はかなり厳しい水質基準のもと検査されており、生涯にわたり摂取しても健康に影響がでない水準をもって基準値が設定されているのです。よって、塩素処理によって発生するトリハロメタンは基準値以下であるので健康に影響はありません。

簡単に言うと、水道水はダムや川の水を飲めるまできれいにした安全なお水、となります。

それでは、天然水やミネラルウォーターは、水道水とどうちがうのでしょうか?
実は、この水の分け方について農林水産省がガイドラインにてきちんと定義しています。このガイドラインにそって説明いたします。

ナチュラルウォーター(天然水)

ナチュラルウォーター

天然水という言葉、最近はよく目にしますよね。普段ペットボトルを買ってお水を飲んでいる方は、なんとなくで天然水を選んでいる方もいるんじゃないでしょうか。

「特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、ろ過、加熱殺菌意外の物理的・科学的処理を行わないものにあたっては『ナチュラルウォーター』と記載すること」
出典ミネラルウォーター類(容器入り飲用水)の品質表示ガイドライン

上記は農林水産省によるガイドラインを抜粋したものです。

天然水とは、文字通り天然のお水のことで、特定の水源にある地下水を原水としたもののことです。地下水とは雨や雪解けの水が山の地表に染み込み、砂や岩石を通って何年もあるいは何百年もかけてろ過されてできたものを指します。自然の力によってろ過されたお水を、メーカーのもとでさらにろ過・沈殿・加熱殺菌をしたあと、私たちに届けられます。

また、天然水の中でも自然によってろ過される過程で岩石等に含まれるミネラルを蓄えた地下水を、ナチュラルミネラルウォーターと言います。ガイドラインにもある通り、天然水はろ過・沈殿・加熱殺菌以外は行いません。これ以上の処理をすると、天然水あるいはナチュラルミネラルウォーターと記載することはできなくなります。

ミネラルウォーター

「ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させる目的等のためにミネラルの調整、ばっ気、複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターの混合等が行われているものにあっては、『ミネラルウォーター』と記載すること。」
出典ミネラルウォーター類(容器入り飲用水)の品質表示ガイドライン

ミネラルウォーターはナチュラルミネラルウォーターを原水とし、ろ過・沈殿・加熱殺菌以外にも加工を行っているものです。ミネラル成分を調整し、オゾン殺菌等の化学処理を施します。
このような化学処理を行ったものは天然水とは表記できなくなり、ミネラルウォーターとなります。また、天然水は特定の水源から採水された地下水を使用していますが、ミネラルウォーターは複数の水源から採水された地下水を混合させていることもあります。

ピュアウォーター

ピュアウォーターとは、不純物を全て取り除いたお水のことを指します。この不純物にはミネラルも含まれます。

原水となる水は水道水、天然水であるかは問われません。ピュアウォーターは「純水」と呼ばれたり、不純物を取り除く過程でROフィルターという特殊な膜を使用するので、「RO水」と呼ばれたりすることもあります。ミネラルも取り除かれてしまうため、内臓がデリケートな赤ちゃんやお年寄りに優しいお水となっています。

ROフィルターはヒ素やヨウ素、放射能物質をも取り除き、水分子のみを分離しますので、不純物を99.9%除去します。まさにきれいで安心・安全なお水となります。

ボトルドウォーター

「ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーターおよびミネラルウォーター以外のものにあっては、『飲用水』または『ボトルドウォーター』と記載すること。」
出典ミネラルウォーター類(容器入り飲用水)の品質表示ガイドライン

普段あまり目にしない言葉ですが、ボトルドウォーターとは飲用として処理がされているお水のことを指します。

天然水やミネラルウォーターは自然の地下水から採水されたものを使用していますが、ボトルドウォーターの原水は特に規定がありません。水道水でも蒸留水でも、飲用としての水質をクリアしてさえいればボトルドウォーターとなります。よって、ピュアウォーターも、ROフィルターに通す前の原水に規定はないのでボトルドウォーターとなります。

まとめ

わかりやすくまとめると、

  • ナチュラルウォーター(天然水)
  • 特定の水源から地下水を採水し、ろ過・沈殿・加熱殺菌のみを行ったもの

  • ナチュラルミネラルウォーター
  • ナチュラルウォーターができる過程において、岩石等の鉱化ミネラルを含んだもの

  • ミネラルウォーター
  • ナチュラルミネラルウォーターにろ過・沈殿・加熱殺菌以外の処理を施したもの

  • ボトルドウォーター
  • 地下水以外の水源を使用した飲用水のこと

となります。

以上、お水の種類について説明いたしました。いかがでしたでしょうか?

普段何気なく買ったり飲んだりしているお水ですが、実はちゃんと規定もあって、こんなに種類があるんです。ペットボトルを買う時は少し名称を意識して選んでみるといいかもしれません。
ウォーターサーバーでもメーカーによって用意しているお水の種類が異なりますので、ぜひこのコラムを参考にどのお水がいいか検討してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする