ウォーターサーバー徹底分析

お家にウォーターサーバーを置きませんか?

ウォーターサーバー3つの便利

  • 冷たいお水、熱いお湯をすぐに使える!
  • お水を買いに行く手間から解放!
  • 備蓄水にもなる!

一度つかったらもう手放せないほど便利なウォーターサーバー。

当サイトではウォーターサーバーについての費用・各メーカーのサービス詳細までウォーターサーバーの情報を徹底分析しています。 あなたにぴったりのウォーターサーバーを見つけるお手伝いをいたします!


\ すぐにおすすめウォーターサーバーを見たい方はこちら /

おすすめランキング1位を見る

ウォーターサーバーでできること

「ウォーターサーバーって、水とお湯がでるだけじゃないの?」という方もいると思いますが、水とお湯がでるだけでいろんな場面で活躍するんです。

  • 冷たい水・熱いお湯がすぐに出せる
  • コーヒーもカップラーメンもすぐに作れる
  • 料理や赤ちゃんのミルク作りも時短になる
  • 災害時には備蓄水として活躍する

1冷たいお水・熱いお湯がすぐに出せる

通常お水を飲もうと思ったら、冷蔵庫からペットボトルをだして、ふたを開けて、注いだらまたふたを閉めてもどす…という手順を踏みますよね。

ウォーターサーバーなら、レバーまたはボタンを押すだけで終わりです。

お湯を使いたいときは、ケトルややかんに水をいれて数分待たなくてはいけません。これまたウォーターサーバーなら、レバーまたはボタンを押すだけで終わりです。しかも、確実に使う量だけのお湯を作るのって難しいですよね。ウォーターサーバーなら好きな量を無駄なく給水できます。

2コーヒーもカップラーメンもすぐに作れる

お湯をすぐに出すことができるので、コーヒーも紅茶も、カップラーメンまですぐに作れます。お湯が沸くまで待つ、という時間を省くことができるんです。

忙しい朝や疲れて帰って来た時、すぐに温かい飲み物やご飯を用意できるのは結構助かりますよ!わたしは冬の寒い時期に重宝しています。わざわざお湯を沸かしに行く手間もなく、一瞬であたたかい紅茶が作れるのはうれしいものです。

3料理や赤ちゃんのミルク作りも時短になる

ちょっとした粉ものや、フリーズドライなどを溶かしたい時などにもウォーターサーバーは活躍します。

特に赤ちゃんのミルク作りでは、お湯を沸かす時間とミルクを冷ます時間を大幅に短縮できるので本当におすすめです!ママパパ、赤ちゃんにとっても嬉しいですよね。

4災害時には備蓄水として活躍する

近年は自然災害でライフラインが止まることも多く、普段から備蓄されている方もいると思います。

ウォーターサーバーのお水は、大きなボトルにはいっており通常は12リットルほどの量です。常に数本を常備しておくことで、12~24リットルのお水を備蓄することができますよ。

電気がきていない場合はお湯が使えませんが、復旧すればガスがなくてもお湯をだすことができます。逆に水道が止まってしまっても電気さえ通っていれば、水もお湯も安全な状態で飲むことができます。

契約からお届けまで

ウォーターサーバーの申し込み手順

基本的なウォーターサーバーの仕組みについて説明します。

まず、ウォーターサーバー本体はメーカーからレンタルします。レンタルなので、契約を解除した場合などはメーカーに返却しなければいけません。サーバーにセットするお水は、お好きな間隔で自動的にお家に宅配!ここまではどのメーカーも一緒です。

ウォーターサーバーの契約はネットからいつでも可能!いくつかの項目を入力するだけで簡単に申し込みができます。申込みをすると、担当からサーバーの設置日などについての連絡がきます。そのあとはウォーターサーバーとお水が届くのを待つだけ!

多くのウォーターサーバーメーカーでは、新規申し込み時のキャンペーンを行っています。お水が無料でもらえたり、人気の家電がもらえたりととってもお得です!

他にも、乗り換えキャンペーンや赤ちゃんがいるご家庭向けのキャンペーンなどもありますので必ずチェックしましょう。

契約する前の必須知識

お水の種類は2種類

ウォーターサーバーのお水は、大きく分けて2種類あります。「天然水」「RO水」です。天然水は、山に降り注いだ雨や雪が土層によってろ過された、天然のミネラルを含んだお水のこと。

対し、RO水はRO膜という特殊なフィルターでろ過したお水のことで、ミネラルをも取り除いた純水のことです。

RO水はそのままだとミネラルも含まない全くの純水になってしまうので、あとから人工的にミネラルを添加しているメーカーもあります。

基本的に、RO水のほうが天然水よりも価格が安い傾向があります。

お水が入っているボトルは3種類

水滴アイコンリターナブルボトル(ガロンボトル)

ガロンボトルの画像

リターナブルボトル(ガロンボトル)は、かたい素材でできているボトルです。ボトル内のお水が減ると、その分空気が入ります。

使い終わったボトルは再利用されるため、次の配送時に空ボトルを宅配の方に渡します。よって、空ボトルを保管しておくスペースが必要になります。

しかし資源の節約になるので、使い捨てのワンウェイボトルを使っているお水より値段が安めに設定されています。お水の量は基本的に12リットルです。

水滴アイコンワンウェイボトル

使い捨てボトルの画像

ワンウェイボトルはPET素材で作られており、お水を使い切った後は家庭ゴミとして小さくつぶして捨てることができます。

リターナブルボトルとは違って空ボトルを保管しておく必要がなく、すぐに捨てられることが特徴です。お水が減ると同時に収縮し、空気に触れないので清潔なお水を最後まで使用できます。

お水の量は基本的に8~12リットルです。

水滴アイコンビニールパック

ビニールパックの画像

ビニールパックはリターナブルボトルやワンウェイボトルと比べて、量が少ないお水に使用されます。軽く持ち上げやすいので女性やシニアの方でも簡単に交換が可能です。

しかし、衝撃を与えたり鋭利なものがあたったりすると破れてしまう可能性があります。特にペットを飼っているお家では保管に注意しましょう。

お水の量は基本的に6~8リットルです。

1回の配送で届くお水の量

どのウォーターサーバーも、公式サイトでは「お水ボトル1本〇〇〇円」という書き方をしています。

しかし、実際には1本から注文することができない場合があります。本で1セット、4パックで1セットなどメーカーによってさまざまです。

1回の配送でどのくらいの量が届くか?ボトルまたはパックはいくつ届くのか?次の配送までに消費できるか?使うお水の量と届くお水の量のバランスを見て考えましょう。

月額料金とその内訳

ウォーターサーバーの費用は月額でかかります。どこの費用を抑えたいかによって、選ぶサーバーも限られてきます。

  • ウォーターサーバー本体のレンタル代
  • お水代
  • 配送料
  • 電気代
  • 初期費用やメンテナンス代

ウォーターサーバー本体のレンタル代

サーバーのレンタル代は、かかるものとかからないものがあります。最近では無料のところも増えてきました。

同じメーカーでもサーバーの種類によって有料になる場合があったり、「月~ボトル以上の使用で無料」など、条件付きで無料になったりする場合があります。注文するお水の量を把握しておきましょう。

また、サーバー代がかかる代わりに月の注文ノルマがなくなることもあります。

お水代

お水の種類は決まっていますか? メーカーによっては天然水、RO水どちらかのみを扱っているところ、または両方を扱っているところがあります。

お水の種類によって値段がかわってくるので、特にこだわりがないという方は値段で決めてもいいかもしれません。どこのメーカーでも、1Lあたり150円前後が一般的です。

注意したいのは、容量と配送の単位数です。1回の配送につき1ボトルからのところ、2ボトル1セットのところなど、メーカーによって異なります。

月の注文ノルマがあったり、なかったりとこれもメーカーによって様々です。 ここで月額の料金が大きく変わるので、普段どのくらいお水を使っているのか計算し、一番あっている配送プランを選びましょう。

ほとんどのメーカーで、次の配送をお休み(注文のスキップ)できます。合わせて確認しましょう。

ボトル配送料

こちらは、基本的にどのメーカーも無料となっています。しかし、地域によっては配送自体ができない場合、有料の場合もあります。しっかり確認しましょう。

電気代

気になるのが電気代。 ご家庭の使用状況によって変わってきますが、 だいたいどのメーカーも1,000円前後となっています。

メーカーによっては省エネモードが搭載されていて、冷水の温度を少し高く、お湯の温度を少し低くしたり、温水の使用を停止したりして電気代を抑えることができるものもあります。

初期費用やメンテナンス代

こちらもメーカーによって様々です。無料のところもあれば、月額でかかるところ、年間でかかるところもあります。

ウォーターサーバーは機械なので、 基本的にどのサーバーもメンテナンスは必要になります。メーカーがメンテナンスをしに来てくれるのか、セルフメンテナンスになるのか事前に確認しましょう。

ウォーターサーバーの選び方

サーチアイコンウォーターサーバーを使う目的を確認しましょう

あなたがウォーターサーバーを使いたいと思う、その理由はなんでしょうか?

自宅でおいしい水が飲みたい、料理に使用したい、お客さんのためにオフィスやお店に置きたい、赤ちゃんのミルク作りに…様々あると思います。

その目的によってどこのメーカーのどのサーバーを選ぶのか、どのお水を頼むのかが変わってきます。何に使いたいのか、誰が使う(飲む)のか?いろんなメーカーを検討する前に、まずはなぜウォーターサーバーを設置したいのかという“目的”を明確にしましょう!

サーチアイコン何を重視したいか確認しましょう

ウォーターサーバーを選ぶ上で、何を重視しますか?

見た目のデザインでしょうか?サーバーの使いやすさでしょうか?他はどうでもいいから、とにかく安いものを使いたい!という方もいると思います。小さなお子様がいるご家庭なら、事故や誤操作を防ぐチャイルドロックが徹底しているものがいいですよね。

絶対にここだけは外せない、という条件があるか確認しましょう。重視したい項目ごとにウォーターサーバーを紹介していますので、参考にしてくださいね。

サーチアイコンお水の種類とボトルタイプを決めましょう

お水は天然水とRO水、ボトルはリターナブル・ワンウェイ・パックタイプの3種類です。

天然水とRO水どちらがいいのか、という質問がよくありますが、お水の安全面等はどちらも変わりません。好みで決めてしまってもいいでしょう。

ただ、天然水の場合はものによっては硬度が高いものがあります。赤ちゃんのミルクに使う場合は硬度が高いものを避け、低いものを選びましょう。

ボトルタイプは、安さを重視する場合はリターナブル手軽さを重視する場合はワンウェイまたはパックタイプがおすすめです。

サーチアイコンウォーターサーバーを比較しましょう

ウォーターサーバーを選ぶ上で外せない条件とお水の種類・ボトルタイプが決まったら、それにあったウォーターサーバーを見つけましょう。

ウォーターサーバーを比較する時は、以下のポイントを確認しておくといいですよ。

  • 注文ノルマの有無
    →月に必ずお水1セットの注文が必要な場合があります
  • 1回の配送で届くお水の量
    →同じメーカーでも、サーバーの種類によって異なることがあります
  • お水をセットする位置
    →足元にセットなら簡単に交換できます
  • 省エネモードがあるか
    →電気代を抑えることができます
  • メンテナンスがあるか
    →内部の衛生面が気になる人はメンテナンスがあるサーバーがおすすめ

サーチアイコン契約年数・解約金を確認しましょう

最後に、必ず契約年数と解約金について確認しましょう。

メーカーによっては解約金がないところもありますが、ほとんどが1~2年未満に解約すると解約金がかかります。契約してから「知らなかった!」とならないようにしっかりと確認しましょう。


ウォーターサーバー 人気ランキング TOP5

1

プレミアムウォーター
レンタル料 0円~ 注文単位 1,987円(12L)×2本
電気代 620円~ 配送料 0円~
月額合計 4,594円~

※24L換算・すべて税込み表記

プレミアムウォーターの特徴

プレミアムウォーターのお水は、非加熱処理がされている天然水です。つまり熱を通さずに殺菌処理をしており、また人工的にミネラルを足したり成分に手を加えたりしていないので、自然本来のおいしさをお家で味わうことができます。ボトルはワンウェイ式で捨てることができ、毎回新品のボトルに入って送られてくるので衛生的かつ場所をとりません。
  • 2018年12月
    キャンペーン
  • 新規お申し込みいただいた方にもれなくQUOカード2,000円分をプレゼント!

2

コスモウォーター
レンタル料 0円 注文単位 2,052円(12L)×2本
電気代 456円~ 配送料 0円
月額合計 4,560円~

※24L換算・すべて税込み表記

コスモウォーターの特徴

コスモウォーターの天然水は、モンドセレクションも受賞しているおいしさが保証されたお水です!グッドデザイン賞を受賞した「smartプラス」はボトルを下部にセットするタイプで、女性やお子さまでもセットできるように工夫されているので12Lの大きいボトルでも簡単に交換ができます。
  • 2018年12月
    キャンペーン
  • 新規ご契約いただくと、初回お届け分の天然水ボトル2本とボトルを収納できる「座れる収納BOX」を無料でプレゼント!さらに抽選で、人気のフライパン「グリーンパン」が当たります!

3

フレシャス
レンタル料 0円~ 注文単位 1,247円(7.2L)×4パック
電気代 330円~ 配送料 0円~
月額合計 4,486円~

※24L換算・すべて税込み表記

フレシャスの特徴

フレシャスのお水・フレシャス富士はバナジウムを多く含んだ天然水。美容や健康を気にしている方にオススメです!他にもフレシャス木曽とフレシャス朝霧高原の2種を選べます。7.2Lの軽量パックなので重たいボトルを持ち上げる必要もありません。女性でもお子さまでも簡単に交換することができます。
  • 2018年12月
    キャンペーン
  • いまなら他社からお乗り換えの方に解約金を最大16,200円キャッシュバック!新規お申し込みいただいた方全員に、コーヒー豆などを保管できるオリジナル「キャニスター(保存缶)」をプレゼント!さらに抽選でUCCコーヒーマシンが当たります!

4

信濃湧水
レンタル料 0円~ 注文単位 1,620円(12L)×2本
電気代 800円~ 配送料 0円
月額合計 4,040円~

※24L換算・すべて税込み表記

信濃湧水の特徴

信濃湧水は、観光客の立ち入ることができない北アルプスの山でくみ上げられた天然水です。ボトルは12Lのワンウェイ式で、サーバーは2年に一度無料でメンテナンスをしてもらえます。購入ノルマもないので、お水がたくさん余ってしまうこともありません!サーバー代も無料ももちろん無料(スタンダードサーバーのみ)。
  • 2018年12月
    キャンペーン
  • 新規お申込みの方に1箱(2本)分を無料プレゼント!

5

アルピナウォーター
レンタル料 618円~ 注文単位 1,134円(12L)×1箱(3本)
電気代 800円~ 配送料 0円~
月額合計 3,686円~

※24L換算・すべて税込み表記

アルピナウォーターの特徴

アルピナウォーターはRO水ですが、原水は北アルプスから採水された天然水です。そのままでも飲むことのできる天然水をさらにROフィルターにかけ、安心・安全なピュアウォーターを生産しています。価格も12リットル1134円とかなりの低価格で、なんと月のノルマは一切なし!
  • 2018年12月
    キャンペーン
  • 新規ご契約の方は、最大4本のお水ボトルをプレゼント!初月はサーバー台も無料、水素シャボンバススターターキットもついてきます!さらに他社からお乗り換えの方には現金5,000円をキャッシュバック!
  • 料金が安いウォーターサーバーランキング
  • 赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバーランキング
  • 天然水がおいしいウォーターサーバーランキング
  • おしゃれなウォーターサーバーランキング

ウォーターサーバーを比較する

月に24リットルのお水を使用した際の月額料金を比較してみました!

ひとつのメーカーに数種類のウォーターサーバーがある場合は、一番総額が安くなるもので計算しています。ボトル容量などの理由で24Lにならない場合は、1リットルごとの料金を計算し、12リットル換算しています。

メーカー名・サーバー代 お水代 電気代 合計 詳細ページ
シンプルウォーターエコパックサーバー
無料
鳴沢森林水12L
810円/本
約360円~ 約3,600円~
シンプルウォーター詳細ページ
アクアセレクトツーウェイサーバー
無料
伊勢宮川の天然水12L
1,450円/本
約750円~ 約3,650円~
※1
アクアセレクト詳細ページ
クリクラクリクラ省エネサーバー
無料
クリクラボトル12L
1,350円/本
約535円~ 約3,705円~
※2
クリクラ詳細ページ
アルピナウォーター床置型ウォーターサーバー
618円
アルピナウォーター12L
1,134円/本※3
約1,000円~ 約3,886円~ アルピナウォーター詳細ページ
信濃湧水スタンダードサーバー
無料
天然水12L
1,620円/本
約800円~ 約4,040円~ 信濃湧水詳細ページ
富士桜命水床置型サーバー
720円
ふじさくら命水12L
1,296円/本
約800円~ 約4,112円~ 富士桜命水詳細ページ
アクアクララアクアスリム
無料
アクアクララ12L
1,296円/本
約700円~ 約4,372円~
※4
アクアクララ詳細ページ
コスモウォーターらく楽スタイルsmartプラス
無料
天然水コスモウォーター12L
2,052円/本
約465円~ 約4,569円~ コスモウォーター詳細ページ
プレミアムウォータースタンダードサーバー
無料
富士吉田の天然水12L
1,987/本※6
約620円~ 約4,594円~ プレミアムウォーター詳細ページ
フレシャスSIPHON+
無料
フレシャス富士7.2L
1,247円/パック※5
約680円~ 約4,836円~ フレシャス詳細ページ
サントリー天然水ウォーターサーバー
無料
南アルプスの天然水7.8L
1,350/箱
約700円~ 約4,853円~ サントリー天然水ウォーターサーバー詳細ページ
富士の湧水床置タイプサーバー
822円
富士の湧水12L
1,645円/本
約700円~ 約4,812円~ 富士の湧水詳細ページ
うるのん ウォーターサーバーGrande
324円
富士の天然水12L
2,050円/本
約390円~ 約4,814円~ うるのん詳細ページ
ハワイアンウォータースタンダードサーバー
無料
ハワイアンウォーター12L
1,944円/本
約1,000円~ 約4,888円~ ハワイアンウォーター詳細ページ
エフィールウォーターフロアータイプサーバー
1,080円(メンテナンス代込み)

知床らうす海洋深層水11.3L
1,512円/本※7
約1,000円~ 約5,291円~ エフィールウォーター詳細ページ
キララキララスマートサーバー
1,296円
富士山の天然水7.2L
1,134円/本※8
約800円~ 約5,876円~ キララ詳細ページ

※1 年に一度メンテナンス代として3,090円(税込み)がかかります(希望者のみ)
※2 毎月サポート代として470円(税込み)がかかります(合計料金には含まれてます)
※3 一度の配送は3本1セットからとなります
※4 毎月サポート代として1,080円(税込み)がかかります(合計料金には含まれてます)
※5 一度の配送は4パック1セットからとなります
※6 PREMIUM3年パック加入した場合の料金です
※7 一度の配送は3本1セットからとなります
※8 一度の配送は4パック1セットからとなります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする