赤ちゃんの離乳食、いつからいつまで?どんな食材とお水を使えばいいの?

離乳食を食べる赤ちゃんの画像

生まれたての赤ちゃんは、母乳やミルクで栄養補給し、お腹を満たします。しかし、成長するためには大人と同じ食事がとれるように段階を踏まなければなりません。そこで必要なのが、離乳食期間です。少しずつ固形のものを食べられるようにすることで、私たち大人と同じ食事ができるように慣れさせます。

ここでは、赤ちゃんの離乳食を始める時期から完了の時期、また離乳食の食材についてもご紹介しています。

離乳食のはじまりから終わりまで

赤ちゃんが離乳食を開始させる時期は、だいたい生後5か月から6か月になった頃からです。赤ちゃんの首や腰がしっかりと据わり、スプーンを口に入れても舌で押し出さない状態になれば開始しましょう。ただし、離乳食を早めに開始させてしまうと、アレルギーの発症の危険性があるので、生まれてから5か月過ぎてからなど、だいたいの開始時期は決めておくといいでしょう。

赤ちゃんの成長速度によって、はじまりも完了も時期は異なってきますが、離乳食完了の目安としては1歳から1歳半だと思ってください。離乳食を終わらせていいかな?という赤ちゃんの状態は、ご飯を舌や歯茎などでしっかりと噛めるかどうかです。問題なく咀嚼することができるようになれば、大人と同じ食事にしても問題ありません。

離乳食の注意点

味付けは気にしない!

離乳食をすすめるにあたり、栄養を付けなきゃ、味付けは大丈夫かな?などあまり多くのことを考え過ぎないようにしましょう。離乳食初期であれば、味付けはほとんど必要ありません。むしろ濃い味付けのものを与えてしまうと、腎臓など内臓に負担を掛けてしまう恐れがあります。

初期のころは、食べ物を口に入れる練習くらいに考えて、美味しさにはこだわらなくても問題ありません。

また、離乳食を与える際は、胃に負担をかけないためにも、ゆっくり小さいスプーンで与えるようにしましょう。赤ちゃんは一気に大量の離乳食を食べても、すぐに消化することが出来ません。食事の時間は余裕をもってとり、焦らずに与えるように心がけてください。

材料をいれすぎない!

栄養バランスを考えて、いろんな食材を取り入れた離乳食を作ろうと思っている方も多いと思いますが、あまり多くの食材を入れた離乳食は極力作らない方が賢明です。なぜなら、アレルギーを発症してしまった時、材料の特定が難しくなってしまうからです。

1品~2品くらいで材料を決め、離乳食を作るようにしましょう。特に初めて食べる食材については、1種類ずつ様子をみながら食べさせましょう。

離乳食に使用してはいけない食材

はちみつの画像

大人とちがって、赤ちゃんは内臓が未発達です。間違った方法で調理してしまったり、あげてはいけない食材をあげてしまったりすると、命に関わることも。

大切な赤ちゃんを危険な目に合わせないために、食材と調理方法はしっかりと確認しましょう。

はちみつ・黒砂糖・生魚

赤ちゃんにはちみつや黒砂糖をあたえると、乳児ボツリヌス菌という食中毒を起こす可能性があります。

ボツリヌス菌は120℃以上で4分間、または100℃以上で6時間加熱しなければ死滅しないため、家庭で死滅させることは困難です。乳児ボツリヌス菌にかかってしまうと最悪の場合死に至ることもあり、赤ちゃんの死亡例も多く報告されています。

レトルト食品や加工食品にも使用されていないか注意が必要です。加熱したからといって赤ちゃんにあたえることは絶対にやめましょう。

生魚も同じく食中毒にかかる可能性がある食材です。とくにサバなどの青魚はアレルギーが発症する可能性が高いため、離乳食を完全に終えてからあたえましょう。

調理する場合は、箸の使いまわしや離乳食の近くで調理をしないなど注意が必要です。

窒息のおそれがある食べ物

お餅やこんにゃくゼリーなど、噛みきることがむずかしい食材は窒息のおそれがあります。お餅はしっかりと歯が生えそろい、噛んで食べることを意識できる3歳すぎからにしましょう。

また、ナッツや大豆などの豆類も喉にひっかかってしまい、窒息の原因となります。注意しているつもりでも、床に落ちていたり、食卓にあがっていたりすると誤飲してしまう可能性があります。保管する場合は手の届かない位置に置きましょう。

離乳食に使用できる食材

最初は10倍がゆから。2カ月ごとに水を減らし、潰し方も荒くします。
食パン みみは取り除き、5倍程度の水で煮てすりつぶします。
じゃがいも
さつまいも
芽や皮は必ず取り除き、やわらかくゆでてすりつぶしペースト状に。
豆腐 ゆでてすりつぶします。
たら・ひらめ
(白身魚)
骨をしっかりとり、ゆでてからよくすりつぶしてペースト状に。
かぼちゃ・にんじん・だいこん やわらかくゆでてからすりつぶし、ペースト状に。
ほうれん草・キャベツ 葉先のみ使用します。やわらかくゆでてペースト状に。
バナナ ペースト状にすりつぶします。
いちご へたをとり、白い部分はさけ裏ごしします。

離乳食がはじまる5~6カ月から使用できる主な食材をまとめました。

離乳食をはじめて最初の2カ月間ほどは、どの食材も粒がないとろとろのペースト状にしてからあたえましょう。水分が足りないときはお湯を足して溶きます。じゃがいもなどの皮は厚めに剥き、繊維質が多いほうれん草やキャベツの茎は使用しないようにしましょう。

アレルギー反応がでたらどの食材かすぐわかるよう、初めてあたえる時は必ず一品ずつあたえてくださいね。

時期別の調理方法やあたえ方は後述していますので、そちらを参考にしてください。

離乳食を作るためのお水について

離乳食が始まると、お米や野菜をゆでたり、ゆるめたりするためにお水をたくさん使うことになります。フリーズドライの商品も多く、お湯で溶くことが多いですよね。

もちろん野菜などにこだわることも重要ですが、まだ内臓が未発達の赤ちゃんのため、お水にも気を使いたいものです。お水に含まれるミネラルは赤ちゃんの内臓ではうまく分解できないため、ミルクを作る時と同じようにお水はミネラル分が少ない軟水を使用するようにしましょう。

しかし、ミルクのようにいちいち煮沸してカルキを抜いて…など行うのも時間がかかりますし、正直言って面倒ですよね。
そんな方におすすめしたいのがウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーのメリット

ウォーターサーバーとは、お湯と冷水をすぐに出すことのできる機械のことです。サーバーにお水をセットしておくだけで、いつでも熱いお湯と冷たい水を使うことができます。

お水は安心・安全で煮沸の必要なし

ウォーターサーバーのお水は、天然水とRO水の2種類があります。RO水とは、RO膜という特殊な膜を使ってろ過されたお水のことで、ミネラルを含む不純物が99.9%除去されています。

赤ちゃんに最適なお水は、安全性が高く、さらに硬度の低いお水です。日本の水道水の硬度は平均で50ほど。対しウォーターサーバーのお水はほとんどが硬度30程度となっているため、赤ちゃんにも安心してあげられるお水なんです。

採水工場では、くみ上げたお水やろ過されたお水に加熱殺菌等の処理を施しており、常に水質検査も行われています。お水は塩素を使って殺菌されているわけではないので、水道水独特のイヤな臭いや味もありません。

すでに殺菌消毒が施されているため、使うたびに殺菌する必要もありません。

ミルク作り・離乳食作りも時短に

水道水だと煮沸や湯冷ましに時間のかかってしまうミルク作りですが、ウォーターサーバーならお湯と冷水がすぐに出るので数分でミルクを作ることができます。

いつでも赤ちゃんを待たせることなくミルクを作れるので、赤ちゃんにとってもお母さんにとってもうれしいですよね。

買い物の手間が省ける

生まれたばかりのころは出歩くことができませんし、赤ちゃんを連れての買い物って結構大変ですよね。お水を買うと重いし、なるべくたくさんは買いたくないと思います。

ウォーターサーバーのお水は全て宅配で届きます。一つのボトル(またはパック)に8Lほど入っているので、すぐになくなってしまうということもありません。

定期配送で届くので、買い忘れも防ぐことができますよ!万が一の時は備蓄水としても活躍します。

期間別の離乳食まとめ

離乳食の画像

離乳食の開始時期と完了時期の目安はわかったと思います。しかし、最初から最後まで同じ離乳食を与えるわけではありません。期間ごとにどのような離乳食を与えるのがベストかを、期間を分けて見ていきましょう。

生後5・6か月:1日1回、離乳食のはじまり

食事が母乳やミルクのみだった赤ちゃんが、離乳食を開始させる時期です。この時期は、離乳食を食べて栄養を付けるというよりは、液体以外の食事を覚えさせるということを目標に与えていきましょう。

首や腰が据わって、大人の食事に興味を持ち始めたら、離乳食開始の合図です。最初はご飯とお水を1:10くらいの割合ですりつぶした物をあげましょう。野菜であれば、細かく切って、さらにすりつぶしてペースト状にしたものを与えます。繊維質な野菜は、裏ごしも忘れずに行います。味付けは特にしなくても問題ありません。

離乳食を開始して1週間くらいは、ドロドロのおかゆを与えます。1週間が過ぎたら次は野菜のペースト、その3日後くらいにお豆腐などのたんぱく質を与えるような順番で進めていきます。

1ヶ月くらいは午前中に1日1回食事を離乳食にして、1ヶ月を過ぎた頃には1日2回に増やしていきます。離乳食以外の食事は、今までどおり母乳やミルクです。赤ちゃんの気分によって、食べる日や食べない日があると思いますので、焦らずに赤ちゃんのペースで食べさせてあげましょう。ただし、食べない場合も毎日離乳食の時間は作るようにしてください。そうすることで、赤ちゃんはご飯を食べることを覚えていきます。

生後7・8か月:1日2回

離乳食を開始したばかりのときは、ペースト状で味が特にしないものに、少しずつ味付けをしていきましょう。ただし、調味料は微量にして大人からしたらほぼ味がしないくらいの味付けにします。この時期は、少しの味付けであっても、おいしさを理解して食べるということに興味が湧いてくるので、しっかり食べてくれる時期でもあります。もちろん、あまり食が進まない赤ちゃんもいるので、無理やり食べさせないように注意は必要です。

時期は生後7・8か月としていますが、離乳食をはじめてから2か月位経ってからを目安に進めていきます。この時期は、2か月のトレーニングを積んだことで、舌で少しずつ離乳食を押しつぶして食べることができるようになるので、ご飯とお水は1:7くらいのお粥にします。食べ物の固さの目安は、指でつまんで潰れるくらいがちょうどいいです。主食とおかずをバランスよく組み合わせて、お米とおかずを教えていきます。

離乳食を与える回数は、朝と夜の2回にしましょう。離乳食を食べるということは、赤ちゃんにとってとても体力を使います。なので、食べ終わったら疲れて寝てしまう赤ちゃんも多いです。

生後9か月~:1日3回

食べ方が、丸呑みする感じではなくもぐもぐ口を動かすようになり、半分以上ご飯を食べられるようになったら、次の段階に進みましょう。この時期からは、お母さんからスプーンで与えられたものを口に入れるだけでなく、自分から手づかみでご飯を食べるように変化していきます。手や身のまわりが汚れてしまうことに気を使わずに、赤ちゃんが自ら食べるように見守るようにしましょう。

離乳食は、指でつまんで潰せるくらいの柔らかさを目安にしますが、赤ちゃんが歯茎を使って潰して食事することを考えて、熟したバナナくらいの固さにしましょう。大人用のお粥くらいの固さがちょうどいいです。手づかみで自ら食べる用なってくるので、食べやすさを考えて少し長めに茹でた野菜や、薄切りの果物などがおすすめです。

この時期から、回数は朝昼晩の3回食になり、大人と同じ時間に一緒に食べるようにしましょう。

1歳~1歳半:離乳食のおわり

食材をしっかり噛んで食べるようになり、1歳を過ぎたくらいからは、離乳食はほとんど終わりです。舌や歯茎で食べ物をすりつぶすのではなく、歯で噛んで食べることができるようになったら、ご飯は大人と同じ白いご飯にしても問題ありません。

食事は大人と同じ内容になりますが、薄味に作るようにしましょう。ちょっと濃い目の味付けが好きな方は、赤ちゃん用に別で味付けをした食事を作って与えるのがベストです。

自分で食べるようにスプーンを与えてみると、進んで食べるようになるので、是非スプーンを渡してみてください。食べながら遊んでしまったり、好き嫌いや食べムラが出てしまったりと、お母さんは参ってしまいがちな時期ですが、頑張ってご飯のサポートをしてあげましょう。

おわりに

離乳食のはじまりから終わりまで、どのような期間でどんな離乳食を与えるかが少しずつ見えてきましたか?

赤ちゃんのお腹が空いたら母乳やミルクを随時与えるのも大変ですが、離乳食もなかなか大変です。離乳食を作って与えてもなかなか食べてくれなかったり、昨日は食べたのに今日は食べてくれなかったり、赤ちゃんの機嫌に振り回されることで育児に疲れてしまうお母さんも多いです。

あまり神経質になりすぎず、ほどよくベビーフードに頼るなど、赤ちゃんと自分の体調を見ながら、マイペースに進めていきましょう。

途中でご紹介したウォーターサーバーについては、下記でも詳しく説明しています。赤ちゃんがいるご家庭では、どのようにしてウォーターサーバーを選べばいいか?どのウォーターサーバーがおすすめか?などを解説。気になる方はぜひチェックしてみてください。

ミルク・離乳食作りにはフレシャス!

ミルク作りにはフレシャスがおすすめ!

フレシャスは、デザインにも機能にもこだわったウォーターサーバーです。使いやすさと安全性から、2018年にはキッズデザイン賞を受賞!こどもには安全に、大人には使いやすく設計されています。

お水はビニールパックに入っており、なくなったら小さくたためるので場所もとりません。中にはお水を下からセットできるサーバーもあるので、女性やお子さまでも簡単にお水の交換が可能です。

お水の料金は500mlあたり約79円と続けやすい価格。電気代も省エネモードを使用することでひと月330円に!

妊娠中・小さなお子様がいるご家庭には毎年お水を無料プレゼント!お申込み時にもお得な特典がついてきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加