一番安いウォーターサーバーはどれ?月額費用ランキング

とりあえずウォーターサーバーを使ってみたい、一人暮らしだからあまり費用はかけられないという方はこちらをご覧ください。

やっぱり、サーバーをレンタルするにあたって一番気になるのは費用だと思います。お水代、電気代は毎月かかってくるところなので、なるべく抑えていきたいですよね。

しかし、メーカーによって値段は異なりますし、計算方法が複雑になることも。
このページでは月額方法の計算の仕方や注意点、月額ランキングを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください!

月額料金の計算方法とポイント

ウォーターサーバーは、メーカーごとにプランがあったり、条件付きで安くなったりなど一つ一つ計算していくのは大変です。
まずは月額料金の計算をするにあたって注意する点をまとめました!

気になるウォーターサーバーがあったら、以下の項目ごとにチェックしましょう。

サーバーとサーバーレンタル代

ウォーターサーバー本体は基本的にメーカーからレンタルします。レンタル代として月々300~1000円ほどかかるのですが、今はサーバー代が無料のメーカーも多くなっています。

メーカーによっては、サーバーが数種類あって選ぶことができるところもあります。その場合は、レンタル代が無料であるサーバーと有料であるサーバーがあることもあるので注意しましょう。
有料であるサーバーはデザインが良かったり、サーバー自体に備わっている機能が多かったりすることが多いです。

サーバー代が無料の場合

  • お水の値段が高い
  • 条件付きで無料になる(ひと月にお水〇本注文で無料など)
  • サーバーによって有料のものもある

ということが多いです。
特に、条件付き無料の場合は注意が必要です。公式サイトには小さな字で書いてあったり、よく読まないとわからなかったりする場合が多いのでしっかり確認してください。

お水の注文単位

お水もメーカーによって容量と配送単位が変わります。実は、必要な量だけを頼めるというメーカーはあまり多くありません。

『ボトル1本8Lだけど、配送は2本ずつ1セットで配送』というように、1セットや1箱ごとに配送という場合がほとんどです。この例の場合、ひと月24L欲しくても1セットでは足りないし、2セット注文では32Lになってしまいますよね。
このように、必ずしも欲しい量だけを注文できるというわけではないので、「一度の注文で何Lが届くのか」を確認しましょう!

また、「ひと月に必ず1セット注文」というように注文ノルマがある場合もありますので注意してください。

電気代

ウォーターサーバーはコンセントにさせて使用するので必ず電気代がかかります。電気代はサーバーを使用する頻度によって変わりますが、だいたい700円~1000円程です。サーバーによっては「省エネモード」や「エコモード」が搭載されており、この場合は約30~40%電気代がカットされます。

しかし、メーカーによってはこの機能がついているサーバーは有料になることも。
長い目でみればお得になるけど、何年使い続けるかわからない…という場合には逆に損してしまうかもしれません。

電気代が安くなっても、その分レンタル代が増えてしまっては意味がありませんよね。エコ機能がついていて、かつ無料であるサーバーを探したほうが計算が楽になります。

配送料

配送料も基本的に無料になっているところが多いですが、北海道や沖縄、東北などは有料となっていることがあります。
また、自社配送を行っているところは遠方の配送自体を行っていない場合もありますのでチェックが必要です。

合計の計算

抜け漏れがあると、想像していたよりも料金がオーバーしてしまいます。ウォーターサーバーは決して安い買い物ではありません。
『毎月〇L使用するなら、

  • サーバーレンタル代はかかるか?
  • 使用する分だけ配送されるか?
  • 電気代はいくらになるか?
  • 配送料はかかるか?』

これらを踏まえて計算してみてください。
一つのメーカーで計算すると、他のメーカーを見るときの基準にもなります!また、公式サイトではすべて税抜きで計算されていますので、税込みで計算することをおすすめします。

当サイトではすべて税込み表示です。実際にかかる値段がすぐわかるので、参考にしてみてくださいね。

月額費用ランキング TOP3

月に約24Lを使用する場合を想定し、サーバー・お水の種類をメーカー最安のものにして計算してみました。(すべて税込み表記)

この表はあくまで、24Lにあわせて値段を計算したものですので、実際に一度の注文で届く水の量とは異なる場合があります。(メーカーによっては一度の注文で届く量が24L以上になるところもあります)

1

アクアセレクト
サーバー名 ツーウェイサーバー レンタル料 0円
注文単位 1450円(11.3L)×2本(22.7L) 電気代 750円~
配送料 0円 月額合計 3650円~

アクアセレクトの特徴

アクアセレクトのお水は、水質日本1位である宮川(三重県)のお水を採水しボトリングしたものです。天然水でありながらRO水並みの安さ、500mlなんと59円。12Lのガロンタイプを使用するツーウェイサーバーと、8Lのタイプのパックタイプを使用したワンウェイサーバー、どちらかのサーバーを選ぶことができます。月にかかる料金はお水の料金のみ!

  • 2018年8月
    キャンペーン
  • 新規ご契約の方にもれなく天然水6パックまたは天然水ボトル4本をプレゼント!

2

サーバー名 クリクラ省エネサーバー レンタル料 0円~
(初月のみ初回金7000円)
注文単位 1350円(12L)×2本 電気代 535円~
配送料/
サポート料
0円/
470円
月額合計 3705円~
(初回金除く)

クリクラの特徴

クリクラは安心・安全のRO水。全国の600を超える産婦人科でも利用されているので、赤ちゃんやお母さんも安心して使うことができます。サーバー代、配送料、入会金・解約金の全てが無料。かかる料金はお水代だけです。省エネサーバーなら、サイズ幅も30センチ以下。卓上タイプのサーバーもあるので置き場所を選びません。
  • 2018年8月
    キャンペーン
  • ただいま新規お申込みの方に、お水ボトル2本(24L)を無料プレゼント!

3

サーバー名 床置き型サーバー レンタル料 618円
注文単位 1134円(8L)×2本 電気代 約1000円~
配送料 0円
(北海道・沖縄は495円/箱)
月額合計 3886円~

アルピナウォーターの特徴

アルピナウォーターはRO水ですが、原水は北アルプスから採水された天然水です。そのままでも飲むことのできる天然水をさらにROフィルターにかけ、安心・安全なピュアウォーターを生産しています。価格も12リットル1134円とかなりの低価格で、なんと月のノルマは一切なし!
  • 2018年8月
    キャンペーン
  • 新規ご契約の方は、最大4本のお水ボトルが無料に!初月はサーバー台も無料です。さらに今なら水素シャボンバススターターキットもついてきます!

4

信濃湧水
サーバー名 スタンダードサーバー レンタル料 無料
注文単位 1620円(12L)×2本 電気代 約800円~
配送料 0円 月額合計 4040円~

信濃湧水の特徴

信濃湧水は、観光客の立ち入ることができない北アルプスの山でくみ上げられた天然水です。ボトルは12Lのワンウェイ式で、サーバーは2年に一度無料でメンテナンスをしてもらえます。購入ノルマもないので、お水がたくさん余ってしまうこともありません!サーバー代も無料ももちろん無料(スタンダードサーバーのみ)。

  • 2018年8月
    キャンペーン
  • WEBから新規お申し込みいただいた方「ネスカフェ ドルチェ グスト ルミオ」または「ネスレ スペシャル.T スリムティーⅡ」のどちらかをプレゼント!さらに設置月のあんしんサポート料は無料、ボトル1本のお値段で3本ご提供など初回特典盛りだくさんです!

5

富士桜命水
サーバー名 床置型サーバー レンタル料 720円
注文単位 1296円(12L)×2本 電気代 約800円~
配送料 0円
(一部地域除く)
月額合計 4112円~

富士桜命水の特徴

富士桜命水は、標高1000mにある工場で地下150mの深さからくみ上げられたお水です。シリカとバナジウムを豊富に含んだ天然水で、ミネラルをバランス良く摂取することができます。サーバーは5段階の温度調節が可能なので、ミルク作りからインスタント麺まで使えます!
  • 2018年8月
    キャンペーン
  • 新規お申込みの方に全員に温度キープができるオリジナルステンレスボトルをプレゼント。サーバ代3カ月間無料、お水24Lもついてきます!さらに抽選で話題の家電も当たります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする